脂肪注入とは?

脂肪注入とは?

余分な脂肪を、必要な場所に移動

脂肪注入(脂肪移植)とは、自分の体から脂肪を取り出し、他の部分に注入する施術です。一般的には、顔・胸・臀部・手などに行われます。 お腹や太ももなどの余分な脂肪を、顔や胸などふっくらボリュームアップさせたい部分に移動することができるため、近年とても人気のある施術です。

豊胸術に

脂肪注入による豊胸術は、「さわり心地も、形も、限りなく本物に近い」仕上がりとなるため、多くのクリニックで導入されています。 基本的には脂肪注入だけで施術を行いますが、バッグプロテーゼと併用することで、プロテーゼ特有の少し不自然な仕上がりを改善することにも利用されています。

若返りにも人気

「若返り」の注入施術としては、多くの方がヒアルロン酸などよりも脂肪注入を好む傾向にあります。 理由としては、自分の組織(脂肪)を利用するため、アレルギー反応などのリスクを最小限に抑えられることがあげられます。 加えて、多くのヒアルロン酸などの注入剤は6~9か月毎の再注入が必要なことに対し、脂肪注入法の場合は生着すると半永久的に効果が続くことも、人気の理由の1つです。

NEXT:ピュアグラフトが選ばれる理由≫